レンタルドレスを利用しよう

レンタルドレスを利用しよう

レンタルドレスを利用しよう 結婚式やパーティー、イベントなどでレンタルドレスを利用したことがある、レンタルのサービスを知っているといった人もいるでしょう。さまざまなデザインのドレスのなかから借りることができますが、おすすめはワンピースタイプのドレスです。

主催者側がドレスコードを指示しているケースもあります。よく確認してマナーを意識しながら、レンタルドレスを利用してください。ドレスを選ぶときのポイントは、カラーやデザインにもこだわって選ぶことです。ゲストとして披露宴やパーティーに参加する場合、基本的に全身白や黒で統一するのは避けましょう。何故かというと、全身白で統一すると花嫁と衣装が被ってしまい一般的にマナーに反しています。また全身黒は喪服をイメージしてしまうので、晴れやかな場所で黒のドレスを着るだけでなく、明るいカラーの羽織物やバッグを合わせましょう。

レンタルドレスには多彩なデザインがあります。露出がありすぎると花嫁よりも目立ってしまうので、肩だしやバックオープンのデザインに注意して自分に合っているドレスを探します。マナーとして露出が多い服装はふさわしくありません。もしノースリーブのワンピースのドレスを着るときは、ドレスの上に羽織物を着用するほうが無難です。レンタルドレスは、衣装だけでなくバッグなどの小物も一緒に貸し出してくれます。小物を選ぶときのポイントは、ドレスに合わせるときにアニマル柄やレザー、リアルファーのバッグは結婚式ではNGの素材です。失敗しないための選び方のポイントは、ドレスに素材や色に合わせることです。小物類もレンタルドレスと馴染むように合わせ、パーティバッグでコーディネートしましょう。組み合わせに迷ったときは、相談に応じてくれるショップもありますので上手く活用しましょう。

今はレンタルショップに行かなくても、インターネットで着たいドレスをレンタルする手続きを申し込み可能です。一般的な基本コースは3泊4日で、ワンピースのドレスが4千円から6千円前後でレンタルできます。とても安い料金設定で、購入することと比較してもコスパの良いレンタルドレスのサービスを利用できます。

もし借りたドレスに汚れが傷が付いたら追加料金を取られるので、この問題を回避するために安心保証プランを付けることができます。およそ千円未満で追加費用の免除を受けることができるように設定しているショップが多いです。レンタルドレスを汚したり傷つけたりすると、追加料金が発生する可能性が高いのです。そのときに大きな出費にならないためのプランを準備しています。自分が購入したドレスではないので、ルールを守った上での利用が求められます。

最新記事